【自腹で検証】赤ちゃんのカサカサ・プツプツを改善する保湿剤ランキング

赤ちゃん 保湿剤 ランキング
6か月・3歳・5歳の3人の子供を持つママが、自腹で「赤ちゃんのプツプツ・カサカサに使える保湿剤」の効果を検証した体験談ブログです。このサイトで紹介している保湿剤は、アトピー肌の私が使えたものだけ。痒み・湿疹が出たものは取り扱っていません。
最初は我が子のためだけに検証を始めたブログでしたが、同じ悩みを持つママのお役に立てるかも・・・と思い本格的にサイトを立ち上げました。

赤ちゃん 保湿剤 ランキング



生まれたときは、ふんわり柔らか、もちもちだった赤ちゃんのお肌。

気がついたら二の腕や太もも、顔にカサカサ・プツプツができていた・・・とお悩みのママは多いのではないでしょうか。

乾燥がひどいと、痒くて寝られない時もあるんだよ。

このサイトは、赤ちゃんの乾燥トラブルを改善するための保湿剤を3人の母である私が実際に使って比較・検証しています。

6か月・3歳・5歳の子を持つ母として、使ってもいない保湿剤を紹介することはしません。

あなたの赤ちゃん似合う保湿剤が見つかり、ふっくら柔らかなお肌が戻ってきますように・・・。




無添加&低刺激┃赤ちゃんの保湿剤おすすめランキングTOP3

実際に使ってみて「これは良い!」と思った赤ちゃんの保湿剤TOP3を紹介します。
2018年5月:ランキングを変更しました。次女に痒みが出たので、念のためアロベビーをランキングから外しています。

1位:ぬくもりミルクローション 2位:潤静(うるしず) 3位:アトピスマイル
ぬくもりミルクローション 潤静(うるしず)
定期初回:2,980円
単品購入:3,980円
※返品保証アリ、定期1回だけOK
定期初回:2,990円
単品購入:5,980円
※返品保証アリ
単品購入:2,500円
※返品保証なし
ぬくもりミルクローション 潤静(うるしず) 全成分 …画像準備中…
最初:26%
塗った直後→41%
30分後→37%
最初:32%
塗った直後→47%
30分後→38%
>>ぬくもり公式サイト >>潤静公式サイト >>アトピスマイル公式サイト

その他、市販の保湿剤やワセリンの保湿結果については「+」クリックでご確認いただけます

TOP3以下の一覧表

TOP3以外はおすすめしていない保湿剤もあります。

気になる赤ちゃん用保湿剤がありましたら『体験談』をご確認いただけますと幸いです。
※各記事の「体験談」後半で詳しく記載しています。

 


アロベビー ミルクローション

アロベビーミルクローション 全成分公式サイト詳細
定価:2,300円
返金保証あり

>>レビューはコチラ


ドルチボーレ ミルキーローション

ドルチボーレ 全成分公式サイト詳細
定価:2,800円
返金保証なし

>>レビューはコチラ


ヴェレダ カレンドラミルクローション

ヴェレダ カレンドラミルクローション 全成分公式サイト
定価:2,376円
返金保証なし

>>レビューはコチラ


アトピタ 全身ミルキィローション

アトピタ 全成分公式サイト
定価:1,400円
返金保証なし

>>レビューはコチラ


キュレル ローション(乳液タイプ)

キュレル 薬用ローション公式サイト
定価:1,404円
返金保証なし

>>レビューはコチラ


ニベア スキンミルク

ニベア スキンミルク 全成分公式サイト
定価:434円
返金保証なし

>>レビューはコチラ


ピジョン ベビーミルクローション

ピジョン ミルクローション公式サイト
定価:667円(300ml)
返金保証なし

>>レビューはコチラ


ニベアクリーム(青缶)

ニベア 青缶 赤ちゃん公式サイト
定価:580円(大缶160g)
返金保証なし

>>レビューはコチラ





【比較動画3本】アロベビー・潤静(うるしず)・ドルチボーレ

赤ちゃん 保湿 比較

私が「良い」と思った赤ちゃん用保湿剤は、アロベビーミルクローション・潤静(うるしず)・ドルチボーレミルキーローションの3つ。

それぞれの特徴や安全性、のびの良さや保湿力の高さについて比較していきます。

動画に登場するのは僕のお姉ちゃん(5歳)だよ!

のびが良くて塗りやすいのはどの保湿剤?

赤ちゃん 保湿 比較

赤ちゃん用保湿剤で大切なのは、伸びの良さ。

のびが悪いと、デリケートな赤ちゃんの皮膚をこするようにして伸ばさなければいけません。

ワンプッシュでスーッとお肌になじむ保湿剤はどれなのか、動画で検証していきます。

 

▼保湿剤のび:比較動画

【伸びチェック】潤静、ドルチボーレミルキーローション、アロベビーミルクローション

 

アロベビーミルクローションが、一番のびてる!!

水分量の多いローションタイプなので、スーッとのびていますね。

でもこれって、クリアファイルの上での実験だよね?お肌に塗ったときはどうなの??

分かりやすくするためにファイルで検証しましたが、お肌に乗せたときも一番のびが良いのはアロベビーミルクローションでしたよ!

そうなんだ。水っぽい潤静(うるしず)の方が伸びるのかと思ってたよ。

潤静(うるしず)は美容液とか化粧水に近いから、思ったよりのびないの。でも、お肌への刺激が少ないアト皮膚タイプの保湿剤よ。




お肌の水分量がUPするのはどの保湿剤?

赤ちゃん 保湿 比較

アロベビーミルクローション・潤静(うるしず)・ドルチボーレミルキーローションを腕に塗り、水分量を測定しました。

塗った直後に潤うのは当然のこと。保湿後1時間たっても潤いを保てているか厳しくチェックしていきます!

 

▼保湿剤:水分量チェック

潤静、ドルチボーレミルキーローション、アロベビーミルクローション水分量比較

 

保湿前 31%

  • 潤静(うるしず) 47%
  • ドルチボーレミルキーローション 45%
  • アロベビーミルクローション 47%

 

どの保湿剤も、すごく水分量が増えてる!!

赤ちゃんのカサカサ・プツプツには保水は欠かせないからね。

アロベビーミルクローションだけテカテカして見えるけど・・・。ベタベタしない??

アロベビーミルクローションは最初の動画で伝えたように、少量ですごく伸びるのよ。だから潤静(うるしず)やドルチボーレと同じ量を塗ったら、たしかにテカテカに見えるわね。でも3分くらいでサラサラもちもちのお肌になるから安心してね。

な~んだ。アロベビーはもっと少しの量で良かったってことか。コスパがイイ!ってママが喜びそうだなぁ。

 

▼保湿剤:1時間後の水分量チェック

【1時間後】潤静、ドルチボーレミルキーローション、アロベビーミルクローション水分量比較

 

1時間後の水分量

  • 潤静(うるしず) 47%→34%
  • ドルチボーレミルキーローション 45%→36%
  • アロベビーミルクローション 47%→40%

 

アロベビーミルクローションは、1時間たっても水分量40%をキープしているね。

ええ。肌の見た目はどの保湿剤も同じだけど、肌内側の状態は全然違うのよ。

でも1時間たっても保湿力が続いているなんて、ベタベタするんじゃないの・・・?

動画を見てもわかるように、お肌の表面はさらさらよ。でも肌の内側にはたっぷり水分が保たれているから、触ると内側がもっちりしているわ。

おぉぉ!!ちなみに他の2つの保湿剤はどうなの??

潤静(うるしず)は一番サラッとした肌触りよ。夏にいいかもしれないわね。ドルチボーレは少しペタッとする感じがあるけど、オイルみたいに床がベトベトになることはないわ。




比較動画3本まとめ

アロベビーミルクローション

  • 一番のびが良い保湿剤は「アロベビーミルクローション」
  • 潤静(うるしず)はのびが悪いけど、肌刺激が一番少ない保湿剤(アトピー対応)
  • 塗った直後の保水量は、すべて同じくらい高い
  • しっとり肌が一番長続きするのは「アロベビーミルクローション」、次いで「ドルチボーレ」、「潤静(うるしず)」
  • 肌触りが一番サラサラなのは「潤静(うるしず)」、サラサラもちもちは「アロベビーミルクローション」、ややペタッとするのは「ドルチボーレ」