【本気すぎるレビュー】ドルチボーレの口コミ検証~成分解析アリ

ドルチボーレミルキーローション
※6歳・4歳・1歳の子育てで走り回っている、元保育士yukkaのブログです。私自身がアトピー肌で「自分の備忘録」として綴っていましたが、同じ悩みを持つ方とつながりたくてブログを公開しました※
無添加万能洗剤や無添加シャンプーでおなじみのDolci Bolle(ドルチボーレ)。赤ちゃんに安心して使えるのかどうか、成分解析&実際に使いながら検証してみました。【2018年3月:ドルチボーレ1本、子供3人(5歳・3歳・1歳、お風呂上りだけ使用)で1ヵ月3週間くらい持ちました!思ったよりコスパいいです。ちなみに私もちょっと借りたことがありますが、アラサーママも一緒に使える保湿力です】

 

ドルチボーレミルキーローション

赤ちゃん&ママ向け雑誌でおなじみのドルチボーレ。

すでにご存じのママが多いかもしれませんね。

 

でも私、ドルチボーレから保湿剤が出ていることを知りませんでした。←育児雑誌を買わないタイプ

もともとドルチボーレの洗濯洗剤を愛用していて、その時同梱されていたチラシを見て「あ、保湿剤も出してるんだ」と知ったという^^;

次女が超敏感肌で、普通の洗濯洗剤だと「かいいーー(痒い)」と全身掻きむしってしまうんです。ドルチボーレに変えたら全く痒がらなくなったので、高いけど使い続けています。

気になる方は【洗濯洗剤の一覧表】からどうぞ^^

 

すでに無添加万能洗剤の良さは十分実感していますから、ドルチボーレの保湿剤なら間違いないはず。

そう期待を込めて、注文することにしました。

実際に測定した水分・油分量は、記事の後半「レビュー」にてお伝えしています^^

>>公式サイト

ドルチボーレの全成分検証

どんな成分にどんな効果があるの?

肌のバリア機能が整っていない赤ちゃんには、刺激が少なくて安全な保湿剤を使ってあげたいところ。

「赤ちゃん用」と書いてあってもアルコールやパラベンなどの添加物が入っている保湿剤は多いので、成分チェックは欠かせません^^;

「これは他の保湿剤と違う」と感じた成分を5つピックアップし、調べてまとめました。

1.天使の希水

保湿剤の良しあしを左右するのは、ベースとなる水です。

手持ちの赤ちゃん用保湿剤がある方は、ぜひ背面の「全成分」をチェックしてみてください。

成分の一番最初は、おそらく「水」と書かれているはずです。
※私の手持ちの保湿剤は16種類ありますが、キュレルの保湿剤以外はすべて最初が「水」でした。(キュレルはアラントイン)

 

蛇口から出てくる水道水とミネラルウォーターに違いがあるように、保湿剤のベースである水にも違いがあります。

どれだけ安全性の高い成分を配合しても、ベースの水が汚れていては意味がありませんよね・・・。

そこでドルチボーレでは、ベースの成分にこだわり非加熱天然水「天使の希水」を使用しています。

ドルチボーレが赤ちゃんの汗疹やオムツかぶれに良いといわれるのは、ベースの水にとことんこだわりを持っているからかもしれませんね。

2.3つのヒト型セラミド

赤ちゃんの角質層をうるうるに満たすためのセラミド。

セラミドの種類はたくさんありますが、ドルチボーレミルキーローションはその中でも特に肌なじみの良い「ヒト型セラミド」を配合しています。

浸透率が良いので、スーッと伸びてカサカサ肌を改善してくれます。ベタつかないのに潤うのは、ヒト型セラミドのおかげというわけですね。

3.2つの潤い成分

女性用のアンチエイジング化粧品の定番「ヒアルロン酸」。

ヒアルロン酸には、高い保湿効果があるといわれていますね。(私の使ってるフェイスマスクもヒアルロン酸入り!笑)

 

なんとドルチボーレミルクローションには、ヒアルロン酸よりも保湿効果の高いヒアルロン酸ジメチルシラノールを配合

お風呂上りは3人の子供たちに一斉にドルチボーレを塗るのですが(流れ作業!笑)、洗い物でガサガサの指先がしっとりするんです・・・!これもヒアルロン酸のおかげなのかな!?

4.馬油

 

ドルチボーレミルキーローションは「保水成分」がたっぷり入っていますが、「馬油」にはその水分が逃げないように蓋をする役目があります。

馬油は人の皮脂に最も近い油として知られ、シャンプーや保湿剤でも使われる成分の1つ。

ベタつかないのに保湿力が高いのは馬油のおかげというわけですね。

「ベタつかない保湿剤=乾燥しやすい」と思い込んでいたのですが、ドルチボーレは水分&油分量がしっかりUPするんです。馬油って凄い!

5.シアバター

スーッと肌になじんで潤いが長く続くのは、シアバターのオレイン酸が皮脂と似ているから。

シアバターはシアの木の実から採取される油脂の成分で、オレイン酸の含有率が赤ちゃんの皮脂とよく似ています。

 

ドルチボーレミルキーローションはすごく伸びが良くて塗りやすいのですが、これも肌と相性の良いシアバターの効果なのかもしれませんね。

シアバターは、ガーナの女性たちの経済的支援を行うStar Shea Network社のものを使っているのだそう。なんだか嬉しくなりますね。

危険な副作用のある成分は?

ドルチボーレミルキーローション

これはドルチボーレの全成分表示です。

冒頭2つの成分は、赤ちゃんの保湿剤の定番。

成分表示は配合量が多い順に記載するルールがあるので、一番多いのはローションのベースとなる「水」、次いで水溶性保湿成分の「グリセリン」ということになりますね。

 

つまり保湿剤の良しあしを決めるのは、3つ目以降の成分ということです。

成分表を見ると、馬油、シア脂と続きます。

この2つは人間の皮脂に近い油分で、肌に刺激が少なくスーッと浸透しやすい成分です。

 

さらに続くパルミチン酸セチルは、日本医薬品添加剤協会で「アレルギー性のリスクはない」という検査結果が発表されています。

その他の成分についでも確認しましたが、赤ちゃんのお肌に副作用が出るような成分はありませんでした。

皮膚に刺激となる【8つの成分無添加宣言】もされていますから、成分的には赤ちゃんにも安心して使えそうですね。

【口コミ検証】ドルチボーレの保湿力や効果は?

2015年に発売されたばかりのドルチボーレミルキーローション。

発売から2年足らずなので、私の周りでは愛用しているママが少ないです^^;

そこですでに使っている人の口コミを調べてみました。

 

口コミ

 

ポンプ式で◎新生児の頃からずーっと愛用しています。ニベアみたいなボトル式じゃなくて、ドルチボーレはポンプ式。ちょっとしたことだけど、子供が小さいうちは片手でプッシュして出せるのは大きいです。

 

合成香料なしなのにいい香り香料が赤ちゃんのお肌に負担になると聞いて、無添加の保湿剤を使うようになりました。でも香りがない保湿剤って、逆に独特の香りがしますよね・・・(キュレルとか)。だけどドルチボーレは、ほのかなオレンジの香りで、使っているとこちらまでリラックスできます。(成分を見たら、マンダリンオレンジ果皮油由来ということで合成香料じゃないと分かって安心しました)

 

妊娠中からずっと愛用赤ちゃん用の保湿剤だけど、妊娠中に妊娠線予防として使っていました。自分が使って良いと感じていたので、そのまま生まれた赤ちゃんの保湿にも使っています。生後3か月ですが、乳児湿疹トラブルもありません。

 

オイルと違ってベタつかない産院で使っていたアーモンドオイルは、赤ちゃんの洋服や床がヌルヌル・ベタベタになってしまうのが悩みでした。先輩ママにすすめられてドルチボーレを試してみたところ、ベタベタしないのに潤ってびっくり!洗濯も掃除も楽になって、しかも息子のお肌も以前より調子がいいです。

 

皮膚科のお薬と一緒に皮膚科で処方されたワセリンを塗っても、一向に良くならない娘のプツプツ・・・。ドルチボーレを塗った後にワセリンを塗ってみたところ、なんと1週間でプツプツが気にならなくなりました。2週間たった今は本当にきれいで、もうワセリンも使っていません。皮膚科に通わなくていいので私も助かっています!

 

【レビュー】yukkaがドルチボーレを使ってみた結果

ツイートでは口コミが見当たらなかったドルチボーレミルキーローションですが、2017年発売号のBaby-moやひよこクラブではかなり好評の様子・・・!

これは期待が高まりますね。

 

でも・・・自分の目で試してみないと効果は分からない!ということで、赤ちゃんの保湿ケアに使えるのかどうか水分量を測定してみました。

他の保湿アイテムと比較した方が分かりやすいと思ったので、皮膚科で処方された「ワセリン」と比較してお伝えします。

※ワセリンは、5歳の娘が肌の乾燥予防に処方されたものです。そのため今回の比較体験談は5歳の娘に協力してもらいました。

▼ドルチボーレの実力確認!

ドルチボーレミルキーローション
  • 【保湿前】
    水分量26% 水分レベル1、油分レベル1
  • 【ワセリン保湿後】
    水分量27% 水分レベル1、油分レベル1
  • 【ドルチボーレ保湿後】
    水分量44% 水分レベル4、油分レベル5

 

皮膚科で「保湿用に」と処方されたはずのワセリンですが、なんと水分量は1%しかUPせず。

お肌の内側の水分油分ともにレベル1と最低基準のままでした・・・。

ベタベタするだけで全然保湿されないなんて・・・

一方のドルチボーレミルキーローションは、水分量が18%もUP!

すごいのは水分はレベル4、油分は最高レベル5まで上がったことです。

保湿直後の値とはいえ、これだけしっかりお肌が潤っているのはうれしいですね。

 

その後30分後に水分量を測定したところ、32%とまずまずの値をキープしていました。

ベタつかない処方なので、乾燥が気になるときは重ね塗りしてもいいかも^^

 

▼価格など詳しくは公式サイトからご確認をお願いします
ドルチボーレミルキーローション

ドルチボーレQ&A

ドルチボーレミルキーローションの情報がネットにあまりない・・・と困っている方のために、サポートセンターに電話をかけて情報を集めました。

お問い合わせの多い内容に加え、私が気になった点についてまとめています。

 

肌に合わなかったら返品できる?

赤ちゃん用の保湿剤なので、本来は肌に合わなければ返品・返金が理想的ですが残念ながらダメでした。

赤ちゃんのお肌が敏感、すでにカサカサ・かゆかゆが出ているなど、お肌に合うかどうか心配な場合には返品・返金保証のある保湿剤から試してみた方が良いかもしれません。

>>【関連記事】yukkaの試した保湿剤一覧表

 

何歳から使える?

0歳から使えます。

ドルチボーレミルキーローション公式サイトでは、生後3か月前からの使用をおすすめしています。

 

それは生まれたての赤ちゃんのお肌が、大人よりもとても薄いから。

お肌が薄い分、刺激に弱くすぐにカサカサしたり赤くなったりしやすいのです。

それに生後3か月を過ぎたころから肌トラブルが増えると言われていますから、生まれてすぐから保湿ケアしてあげたいですね。

1本でどれくらい持つ?

赤ちゃんの全身保湿で目安は1ヵ月分ですが、我が家の1歳児に使用したところ思ったより減ったような気がしました。

1週間で1/3は減った<ような・・・このまま使い続けたら確実に1ヵ月持たないかな~というのが私の印象です。

塗った後の肌質はどんな感じ?

 

ニベアやジョンソンボディクリームのようなベタつきはありませんが、ちょっとペタッとします。

軽いカサつきならその日のうちにしっとり、皮膚が固くなったようなゴワつきでも1週間もあればきれいになるはずです。ほっぺが赤ちゃんらしいプニプニに変身~♪

病院からの塗り薬と一緒に使える?

ドルチボーレミルキーローションは「スキンケア」なので、基本的には問題ないはずですが・・・

問い合わせたところ、処方されるお薬の種類によっては、相性の良い・悪いがあるかもしれないとのことでした。

 

ドルチボーレミルキーローションは赤ちゃんのお肌を保湿する「スキンケアアイテム」なので、お薬とは別物。

すでに処方されている塗り薬がある場合には、お医者さんに相談するのがベストです。

アトピー性皮膚炎なら、アト皮膚対応の「潤静(うるしず)」がおすすめですよ。潤静はステロイド系の塗り薬と併用している方も多い保湿剤です。

>>潤静公式サイト

>>【関連記事】潤静を使ってみたレビュー

まとめ ~ママの本音~

私がこのサイトを立ち上げたのは、自身が長い間アトピー性皮膚炎で悩まされていたからです。

膝の裏がジュクジュクになってしまう、耳の付け根(耳たぶのところ)が切れる、手足がカサカサして痒い、湿疹ができる・・・。

特にひどかったのは小学生の頃ですが、アトピーがひどくてプールを断られてことが何度もあります。

 

「私がプールに入ると、汚いの?」

「どうして自分だけアトピーなの?」

親は私以上に悩んでいたので言えませんでしたが、子供心に辛かったです。

 

その時に私がしていたことは何かというと、

  • 皮膚科に通って「ステロイド剤を塗る」
  • ワセリンで保湿する

この2つだけなんです。

 

でも実は、国立成育医療センターはこのような発表をしています。

つまり生まれてすぐに保湿してくれていたら、アトピーにならなかったかも・・・と。

あとで母親に聞いた話ですが、当時は赤ちゃんにスキンケアするという習慣がなかったそうで、生まれてすぐ保湿ケアした記憶はないと言っていました。

 

だからこそ、自分の子供にはしっかり保湿してあげたいと思いました。

そして同じように小さなお子さんをお持ちのお母さんが、私のようなアトピーっ子で悩まないためにも「早めの保湿ケアが大切」ということをお伝えしたくてサイトを立ち上げたのです。

 

私は元アトピー肌、完治した今も敏感肌です。

だから市販のボディクリームの添加物や香料に敏感で、ニベアやジョンソンは全く使えません

敏感肌用のFANCLもORBISもダメです。

ナチュラルサイエンスで売っている赤ちゃん用商品も、痒いです。(ママ&ベビーのシリーズですね)

 

皮膚がデリケートな赤ちゃんは、私と同じくらい刺激に敏感です。

違うのは、言葉で痒いよ!と伝えられないことだけ・・・。

だからこそ、敏感肌の私でも使える保湿剤だけを紹介しようと思いました。

 

アナタのお子さんの肌トラブルが、少しでも早く治りますように・・・^^*

 

▼yukkaレビュー@ボディソープ一覧表
一覧表 ボディソープ

 

▼yukkaレビュー@保湿剤一覧表洗剤 保湿剤

 

▼yukkaレビュー@洗濯洗剤一覧表一覧表 洗剤

 

コメント