保湿剤【一覧表】

保湿剤 比較 ランキング
今まで私が試した保湿剤を一覧表でまとめました。私がオススメしている保湿剤はドラッグストアで買えないアイテムが多いですが、成分の安全性にこだわったものだけを厳選してお伝えします。

保湿剤 比較 ランキング

  • 赤ちゃん用保湿剤を買おうと思ってドラッグストアに行ったけど、種類が多すぎて選べなかった。
  • 今使っている保湿剤が赤ちゃんのお肌に合っていないみたい。
  • 敏感肌でお肌に合うか不安。
  • 口コミは嘘ばっかり。本当にいい保湿剤が知りたい

 

このような不安を持つママから、毎日のようにお問い合わせをいただきます。でも私も子育て中の身なので、すぐにお返事できないこともしばしば…。

そこで「どれが良いのかな?」「どんな保湿剤があるのかな?」というママたちのために、我が家が今まで使用した保湿剤を一覧表にまとめました。

冒頭で紹介している5つは、元アトピー&今敏感肌の私が使ってみて「これ良いかも」とリピート購入している保湿剤。参考になれば嬉しいです。

保湿剤一覧表

ぬくもりミルクローション

ぬくもりミルクローション公式サイト詳細
価格: 3,980円(税抜)
容量: 150ml

コスパ
4
使用感
4

もともとは開発者の知り合いにだけ販売されていた、完全受注生産のベビーローションです。口コミで評判が広がり、現在のようなネット通販限定での販売が開始されました。
最大の特徴は、整肌成分として皮膚のビタミン「ビオチン」と「葉酸」を贅沢に配合していること。塗ったその時だけしっとりする保湿剤とは違って、使うほどにお肌が荒れにくくなりますよ~。

>>レビューはコチラ


潤静

潤静 うるしず公式サイト詳細
価格:6,980円(税込)
容量: 150ml

コスパ
2
使用感
4

潤静の販売元は、なんと住宅メーカー。無添加住宅を手掛ける「Muku㈱」には敏感肌やアトピーなど肌トラブルを抱える人が多く、「本当に良い保湿剤を作りたい」という思いから化粧品メーカーと共同開発して作られた保湿剤です。そのこだわりは、成分を見れば納得!!
保湿剤を買うときには「皮膚科の薬と併用できるか」と必ず確認するのですが、「併用可能」と回答されたのは後にも先にも潤静だけ。お値段は高いですが、アトピー肌の方に唯一お勧めできる保湿剤です。

>>レビューはコチラ


ファムズベビー

ファムズベビー公式サイト詳細
価格: 2,592円(税込)
容量: 85g

コスパ
3
使用感
3.5

乳児湿疹、あせも、おむつかぶれ、よだれかぶれなど、赤ちゃん特有の肌トラブル全般に対処できるのは私が知る限りファムズベビーだけ。これ1本あれば、ワセリンもベビーオイルも不要です。
ファムズベビーを使う一番のメリットは、塗り直しが要らないこと。ファムズベビーのバリア効果(お肌を刺激から守る)は、汗をかいても衣類とこすれても落ちにくい特殊処方なんです。最大8時間塗り直しが要らないので、忙しいママの救世主になってくれるはず。


アトピスマイルクリーム

アトピスマイルクリーム公式サイト詳細

価格: 2,500円

皮膚バリア機能をUPさせたいというママに試してみてほしいのが、アトピスマイルクリーム。乾燥肌&敏感肌ですぐに体を掻いてしまう次女が「これ塗ると痒くないの♪」と気に入っている保湿剤です。
皮膚科で処方されるステロイド剤にはかないませんが、市販の保湿剤の中ではかゆみを抑える効果が高いほうだと思います。(ステロイド不使用です)私自身元アトピー&現在も敏感肌ですが、アトピスマイルクリームを塗ると痒みが落ち着きます^^


アトピー・湿疹用オーガニックハニークリーム

ハニー公式サイト

価格: 13,175円/2個セット

アメリカのブランド「Eczema Honey Company」から発売されているグルテンフリーの保湿剤です。使用している原材料は「オーガニックピュアハニー」「オーガニックアーモンドオイル」「オーガニック蜜蝋」「オーガニックサンフラワーオイル」「ピュアスプリングウォーター」と100%オーガニック。防腐剤は使っていないので、必ず冷蔵庫もしくは冷凍庫で保管するようにしてください。
※公式サイトでは赤ちゃんに使用した例が掲載されていますが、成分にハチミツやナッツを含むため未就学児のお子さんに使うのは控えた方が良いと思います


 

そのほか実際に使った保湿剤

ここから先の一覧表には、「口コミ評価は高かったけど、我が家の娘には湿疹が…」というものも含まれています。気になるものがあれば、購入前にレビューを読んでいただけますと幸いです。

 

 


アロベビー ミルクローション

アロベビーミルクローション 全成分公式サイト詳細
価格: 2,300円
容量: 150ml
返金保証有り

>>レビューはコチラ


ドルチボーレ ミルキーローション

ドルチボーレ 全成分公式サイト詳細
価格: 2,800円
容量: 150ml
返金保証無し

>>レビューはコチラ


ヴェレダ カレンドラミルクローション

ヴェレダ カレンドラミルクローション 全成分
価格: 2,376円
容量: 200ml
返金保証無し

>>レビューはコチラ


アトピタ 全身ミルキィローション

アトピタ 全成分
価格: 1,400円
※Amazon参考価格
容量: 300ml
返金保証無し

>>レビューはコチラ


キュレル ローション(乳液タイプ)

キュレル 薬用ローション
価格: 1,404円
容量: 220ml
返金保証無し

>>レビューはコチラ


ニベア スキンミルク

ニベア スキンミルク 全成分
価格: 434円
※Amazon参考価格
容量: 220ml
返金保証無し

ピジョン ベビーミルクローション

ピジョン ミルクローション
価格: 667円
※Amazon参考価格
容量: 300ml
返金保証無し

>>レビューはコチラ


【どっち?】赤ちゃんのお肌に保湿剤は必要?不要?

長女を妊娠したとき前置胎盤だったため出血が絶えず、妊娠初期から「絶対安静」と言われ続けてきました。

お腹の張りや出血におびえながらの約10か月・・・やっと正産期に入ったと思ったのもつかの間、次に心配になったのが「赤ちゃんの保湿ケア」のこと。

 

私自身がアトピー体質だったこともあり、生まれてくる赤ちゃんは生後すぐから保湿ケアしてあげようと思っていました。

でも私の義両親の意見は真逆。

「赤ちゃんはお肌が丈夫だから、保湿ケアなんて必要ない。うちの子供たちは2人とも何も塗らずに育ったけど、皮膚は丈夫そのもの」というのです。

 

赤ちゃんのお肌に保湿剤は必要なの?

 

そして出産までの2週間、ネットで色々な口コミを調べました。

でもその結果、「保湿ケアは必須派」「保湿ケアは不要派」と真逆の口コミを読むたびますます悩むことに・・・。

  • しっかり保湿するのがプルプル肌の秘訣
  • 過剰な保湿ケアは肌を弱らせる
  • 生後すぐから保湿するべき
  • 保湿しない方が肌のバリア機能が向上する
  • 保湿ケアが早い方が将来の肌トラブルが少ない

 

ネットの口コミは当てにならない!

そう思った私は、皮膚疾患やアトピー治癒に関する書籍をいろいろ取り寄せました。(幸い図書館が近かったので!)

 

そうして私なりにたどり着いた結論は、「赤ちゃんにこそ保湿ケアが必要」だということ。

事実、国立生育医療センターの研究発表では「生後1週間以内の新生児に保湿剤を塗ることで肌トラブルのリスクが3割低下した」と公表されています。

 

もしかするとこのサイトに訪れているママの親御さんも、私の義両親のように「何もしない方が丈夫な肌を育てる」という時代に子育てをされていたのかもしれません。

 

例えば、日光浴。

一昔前は「日光浴はどんどんさせましょう!」という時代で、日焼け止めを塗っている親御さんはほとんどいなかったそうです。

でも今は小さな子供にも日焼け止めが推奨されていますし、母子手帳から日光浴を推奨する記述は削除されていますよね。

意見がぶつかるとイライラしたり悲しくなったりしますが、「時代によって子育ての方針は変わっているのだな」と理解することで少しだけ心が楽になるかも・・・。少しだけど。笑

赤ちゃんの保湿に関する意見は、専門家でも真っ二つに分かれます。

そこで私は、私なりに調べた結果「保湿しよう」と思いました。

 

赤ちゃんのお肌は10人10色。

もしかすると、保湿しない方が調子のよい赤ちゃんもいるかもしれません。

あなたのお子さんにもベストな方法が見つかることを願っています^^*

 

 

▼yukkaレビュー@ボディソープ一覧表
一覧表 ボディソープ

 

▼yukkaレビュー@洗濯洗剤一覧表一覧表 洗剤